メディア・映像学科
福山大学トップ アクセス お問合せ

高校生CMコンテスト表彰式・三蔵祭の準備中!

こんにちは。10月前半は雨模様ばかりでしたが、今週はやっと晴れ間の多い日が続きましたね。今週末も台風が予想されておりますが、福山大学では年に一度のお祭りであります「三蔵祭」が開催されます。今日は準備日ということで、学内が活気にあふれております。

メディア・映像学科は、2年生の映像展示を1号館01213室で上映しています。3DCG作品から実写映像作品まで、さまざまな映像作品がずらりと並んで?(上映されて)おりますので、楽しんでいただけますと幸いです。

もう一つ忘れてはならないのが、高校生CMコンテストの表彰式です。10月29日(日)13時より大学会館3階のCLAFT教室で開催されます。こちらにも足をお運びいただければと思います。

今日は学科の1年生や司会の学生たちと一緒にリハーサルを行いました。みなさまにお会いできますのを楽しみにしております!!!

そして、前夜祭のお楽しみの一つである餅つき大会をのぞきに行きましたら、学科の1年生と3年生が和気あいあいと餅つきに勤しんでいる様子が見られました。


気合が入っていますね!!

最後のおまけの一枚がこちら。あまりにも懐かしく感じられたので思わず「撮っている姿を撮ってもいい?」と聞いてしまいました。使い捨てカメラは21世紀に入ったあたりから見なくなったような気がしますが、またブームが来ているのでしょうか。スマホで写真を撮るのとは異なるスタイリッシュさがあるなあと思いました。どんな写真になったかまた教えてください!

というわけで、高校生CMコンテスト表彰式と三蔵祭の準備がよい感じに進んでおります。明日からの2日間、よろしくお願いいたします!!!!

カテゴリー: イベント, 卒業生, 受験生の方へ, 学生の活動, 福山の話題 | コメント / トラックバック: 0個

福山大学公開講座に安田教授が登壇しました―「地域とアート、その展開 福山、尾道での事例から」

こんにちは。朝の雨空とはうってかわって、きれいな秋晴れになりましたね。

今日は福山大学公開講座が開催され、メディア・映像学科の安田教授が地域とアートとの関わりについてお話されました。

昨今、地域活性化などと結びついて全国的に行荒れるようになった「地域アート」ですが、福山や尾道で行われているアート・イベントは地域とどのようなつながりを志向し、それに対してどのような方法論でもって行われてきているのかについて、お話されていました。ちょうどいまの時期は、尾道では「海と山のアート回廊」が、福山では学科生たちも参加している「鞆の浦 de ART」が開催されていて、備後地域のアート活況ぶりと重ねながらのお話となりました。

「アートと地域の展開」として、①グローバルなつながり ②ダイバーシティの実践 ③エデュケーションとの接続の3点から説明され、それぞれのアート・イベントの首謀者の方々へのヒアリングを通してのお話であったこともあり、展示の制作意図やプロセスについて知る機会となりました。アート・プロジェクトが自分たちの(住む)場所の見え方を変える主体的な活動というようにも見え、これからの地域との関わり方について考える上での概念整理の時間にもなったと思います。安田先生、お疲れさまでした!

さて、「鞆の浦 de ART」も明日10/15で閉幕となります。明日は学科生たちも観に行くことになっておりますが、ぜひみなさんもこの機会に鞆の浦へ足を運んでみてください!
※学科生たちの展示の様子については、こちらをご覧ください!

カテゴリー: イベント, 卒業生, 受験生の方へ, 教員の活動, 福山の話題 | コメント / トラックバック: 0個

「日韓トップ囲碁対局・鞆」をUstreamで配信しました

10月7日(土)、8日(日)に鞆の浦で「21世紀の朝鮮通信使・鞆」が開催されました。その中に「日韓トップ囲碁対局・鞆」という、日本と韓国のトップ棋士が対局するイベントがあり、本学科ではこのイベントをUstreamで中継するという業務を担当しました。ちなみにこの業務は2012年から毎年請け負っています。(前回の様子はコチラ

今年度は青木喜久代(八段)と李英信(五段)の対局でした。対局場は昨年と同じく対潮楼で、大盤解説は鞆公民館ホールです。対潮楼での対局風景を鞆公民館ホールで上映するのが我々のタスクです。なお、鞆公民館は昨年建てられたとてもきれいな建物です。海側がガラス張りになっており、とても見晴らしが良いです。

まずは対局の行われる対潮楼での準備です。学生さんがテキパキと動いてくれて、作業はスムーズに進みました。が、ブログ用の写真を撮るのを忘れていました、、、( ̄□ ̄;)!!
その後、鞆公民館側の上映の準備も完了し、あとは対局開始を待つのみです。

鞆公民館ホールでの大盤解説風景です。学生さんは舞台の下でトラブルに備えて待機しています。

今回は若干?のトラブルに見舞われましたが、無事業務は終了しました。こういった場での撮影というのは学生さん達にとって良い経験になりますので、今後も継続して関わっていければ、と思います。

カテゴリー: 学生の活動 | コメント / トラックバック: 0個

3年生を対象とした第4回就職ガイダンス

こんにちは

メディア・映像学科の就職委員の つつもと です。

昨日(10月5日)、平成29年度第4回就職第ダンスが開催されました。メディア・映像学科の3年生と他学部の学生が参加しました。

本日のガイダンスの内容は

  1. マイナビ2019の全国一斉 WEB模擬テストの受験
  2. リクナビ2019のOpenES活用講座

です。

学生たちは、マイナビの全国一斉WEB模擬テストの説明を聞いた後に、実際にWEB模擬テストに挑戦しました。今回は、時事問題や一般常識を問う40分間のテストです。

数学の問題ではメモ帳を利用して計算式を書き、インターネットを介して解答を行っています。

WEB模擬試験が終了した後に、リクナビのOpenESの活用講座を受講しました。現在、多くの企業ではオープンエントリーシート(OpenES)のを提出を求めています。就職活動では履歴書とOpenESの作成が重要となります。

来年3月には、合同企業説明会が始まります。学生たちは、来年度の就職活動に向け、企業研究や自己分析などいろいろな準備を行う時期になりました。

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

2年生の作品発表中です

こんにちは。教員の安田です。
本日は<メディア実践>という授業内でつくってきた作品を2年生が発表しています!

画面が暗いですね。ホラー作品なのです(…!)

2年生は前期、この授業の中で、学科で学んだ技術を生かして、自主制作的なことにチャレンジしていました。
その成果を発表しています。

大学で学んだことを、自分たちでもっと進めるようなもの、もともと興味があったものに取り組んでみたもの、いろいろなバリエーションがありました。映像作品でも、映画的なもの、ストップモーション動画、手描きの絵を活かしたもの、CGと実写の合成、などなど。アーティストグッズのデザインなどの企画もありました。

 

グッズのデザイン、実際にアーティストさんの物販に登場しているものもあるそうです

CGと実写の合成です。

フラッシュを使ったアニメーション作品

2年生ということで、3年生からの本格的な研究や制作の助走期間のようなことをイメージしていたのですが、予想以上に力の入ったものを見せてくれていました。今後もこのブログや、様々なイベントで紹介していきますので是非ご注目ください。

1年生からもいろいろな質問が。

今回上映した映像作品は、10月末の大学祭ーー三蔵祭でも学科のプログラムとして上映を予定しておりますので、どうぞごらんください!!

 

カテゴリー: 未分類 | コメント / トラックバック: 0個

オープンキャンパスの全日程が終了

こんにちは。先週の土曜日の会にて、今年度のオープンキャンパスの全日程が終了しました。今年もたくさんの方にご参加いただきました。どうもありがとうございました!

土曜日のオープンキャンパスでは、映像制作の基本の授業としてAdobe Premiereを使用しての制作講習を行いました。複数の写真を組み合わせて音を入れて一連の映像をつくるというものですが、写真の動かし方や切り替えのタイミングなど、こだわりだしたらみなさんの手が止まりませんでしたね・・・!

後半は、学科2年生の制作物の発表会を行いました。ストップモーションを活用した切り絵の映像やバスケットボールの試合のダイジェスト映像、青春物語ものの映像と地元のアーティストのグッズ・デザインまで、多様な制作物がそろいました。在学生の雰囲気も合わせて知ってもらえたのではないかなと思います。

今年度のオープンキャンパスは今回の会で終了となりますが、学科学生の展示・発表の場はこの後も続きます。
鞆の浦deART (9/24-10/15)
学長室ブログにも紹介される予定です。
三蔵祭 (10/28・29)
これ以外にもお披露目の機会はいくつも出てくる予定でおりますので、その際はまたこちらでご紹介します。

カテゴリー: イベント, カリキュラム, 卒業生, 受験生の方へ, 学生の活動 | コメント / トラックバック: 0個

中学生が職場体験で来学しました

ウチガイトです。

先日、地元の中学校から職場体験として4名の中学生が来学してくれました。いくつかの学科や図書館などの部署でいろんな活動に取り組んでおり、うちの学科では機材チェックを兼ねて、カメラを使った撮影にチャレンジしてもらいました。

最近はスマホ1つで映像制作ができる時代となり、ネットを中心に個人発信の作品を見ることもできるようになりました。自己表現の手段の1つとして成立しています。メディア・映像学科でも高校生CMコンテストを開催し、若い感性で映像を制作するという活動を支援していますが、中学生にも映像表現に興味を持ってもらえたら嬉しいなぁと思います(´ー`)

カテゴリー: イベント | コメント / トラックバック: 0個

8/20 Short Movie Party 2017@福山駅前シネマモードに参加しました!

こんにちは。夏の暑さもやわらいできましたが、いかがお過ごしでしょうか。福山大学では、先の日曜日にオープンキャンパスが開催され、メディア・映像学科も多くの高校生のみなさんをお迎えしましたが、オープンキャンパスと並行して福山駅前シネマモードでの「Short Movie Party 2017」に参加しておりました。この企画については、学長室ブログでも紹介しております。

本企画は「ショート・ムーヴィー・ラボ」という、福山近隣在住のアマチュア映画監督のみなさんで企画・運営されているイベントで、今年で2回目を迎えます。招待・公募・ラボメンバーによる20作品の上映とともに、ゲストで白石晃二監督をお招きし、短編映画をとことん楽しむ会として企画されています。本映画祭において、メディア・映像学科生の『恋の先』『狙われた大学生』の2作品が招待され、お披露目の機会を得ました。上映後に両作品に関わった学生たちも登壇しています。

ラボメンバー作品の上映会では、メディア・映像学科が主催する映像講習「サクッとムービー」の作品『ささやき橋』も上映され、中嶋学科長が代表してコメントを述べています。

このように、学外のイベントにお声掛けいただき、作品をかけてもらえるだけでもありがたいことですが、今回はゲストの白石晃二監督からご講評をいただけるということで、緊張兼楽しみな気持ちで参加しておりました。白石監督は『貞子vs伽椰子』をはじめとするホラー作品や、フェイク・ドキュメンタリー作品を多く撮られている監督です。今回も短編5作品を鑑賞しました。非常に画面のつくりが緻密かつ濃密で、突飛な設定であるのですが一気に作中へと引き込まれてしまう感覚がありました。中には、iPhoneで撮られたという作品もありまして、iPhoneならではのフェイクドキュメンタリーっぽさを出しつつ、画面がぶれ過ぎず、音もクリアに入っているというプロの技を見せていただきました。上映後のトークでは、iPhoneでの撮り方であったり、話の設定の作りこみ方についてまで話が及び、今後の制作の参考になるお話ばかりでありました。

白石監督は「気になった作品」についてコメントをくださいまして、「『狙われた大学生』は、手書きのタイトルバックを使っていたのがよかった。ホラー作品を作る際には、ただ人が消えるだけでは設定として弱いので、何か他の設定を作っておくとよいと思います」「『ささやき橋』は鞆の浦のまちの魅力がとてもよく出ており、目に美味しかったです」といったご講評をいただきました。白石監督は演出に関する書籍を出されていることもあり、講評の一つ一つが具体的で、ある一つの設定の可能性を常に複数もちながら考えていらっしゃるのだなということがよくわかりました。一緒に行った2年生のMくんも「次に撮りたいものが見えてきました」と言いながら、会場内外で白石監督に質問をしていましたよ・・!よい経験になりましたね。

白石監督の本は、こちらです。映像制作のいろはがつまっておりますので、後期の授業ではこちらを活用しながら進めたいなと考えているところです。白石監督、どうもありがとうございました!そして、福山駅前シネマモード支配人の岩本さんはじめ、企画運営に携わったみなさまにも御礼申し上げます。どうもありがとうございました!!

カテゴリー: イベント, 卒業生, 受験生の方へ, 学生の活動, 教員の活動, 福山の話題 | コメント / トラックバック: 0個

教員免許状更新講習

福山大学では教員免許状更新講習を毎年開催しています。

メディア・映像学科の教員も、8月7日、8日、10日に、更新講習の講師として、夏に実施されたこの企画に加わっています。

メディア・映像学科の教員が講師としてかかわった講習は「教育の今日的課題」、「インターネットの仕組みとセキュリティ」、「身の回りのICT」です。ICTを駆使してメディアで表現することを学ぶメディア・映像学科の特徴を生かして、各教員が講習メニューを準備しました。主に中学校、高等学校の先生を受講者とした講習会で、いつもの講義(いつもは大学生が受講者です)とは違う雰囲気の中、緊張しつつ、講習を行いました。

次週の8月20日(日曜)はオープンキャンパスです。こちらは、ICTを駆使してメディアで表現することを学ぶメディア・映像学科の特徴を伝えるイベントで、主に高校生と保証人(保護者)を対象として実施します。学科の特徴を分かりやすく、かつ、楽しく、体験的に理解してもらえるよう、制作物の解説や模擬授業などを用意しています。この分野の知識をもっていない高校生のみなさんも、学科教員と学生で、丁寧にサポートするよう計画していますので、安心してご参加ください。

カテゴリー: イベント, 教員の活動 | コメント / トラックバック: 0個

福山大学に棲む生き物

こんにちは。教員Wです。

先日、メディア・映像学科の本拠地である19号館で「カニ」を見つけました。小さいサワガニです。

普通に1階を歩いて?いました。学内でサワガニを見たのは初めてです。山から歩いてきたのか、学内に住み着いているのか、どなたかが飼っていたのが逃げてきたのか、、、

福山大学は比較的?田舎にあり、まわりは自然に囲まれています。そのため、学内には様々な生き物が生息しているようです。犬や猫だけでなく、「ニホンテン」が捕獲されたり(詳しくは学長室ブログをご覧ください)しています。19号館近辺でも仔猫を見かけましたし、19号館から15号館の方へ登っていく坂道で、うさぎのように後ろ足で跳ねる、黒い大きめの謎の生物?を目撃したりしてます。この生物が一体何だったのか現在も不明です。

その他、珍しい生き物の目撃情報を募集中です!

カテゴリー: 雑記 | コメント / トラックバック: 0個
  • 福山大学関連リンク

  • メディア・映像学科

  • これまでの記事

  • Follow me on Twitter

  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    73人の購読者に加わりましょう