メディア・映像学科
福山大学トップ アクセス お問合せ

今年度からの新規授業

ウチガイトです。

今年度より様々な制作に取り組む「メディア応用実習」(後期は「メディア発展実習」)という授業が始まりました。4月から5月中旬にかけては映像制作を福山駅前にある宮地茂記念館を中心に制作に励みましたので、ちょっとだけご報告。

1週間に4コマを使い、1つの課題に集中的に取り組むという形を取っています。

今回はドローンを使った作品やクレイアニメなど、各自がそれぞれ自分で企画した作品を制作しています。尾道で海外からのサイクリストに突撃インタビューをするなど、最近のTVコンテンツを参考にした作品などもあり、バリエーションに富んだ作品の制作が進んでいます。

現在のメディア応用実習は「グラフィック」に入っており、制作している映像作品のポスターや紹介用の印刷物を制作してみる!と、担当の安田先生がおっしゃっておられました。

このように1年間を通して様々なスキルを連動させながら制作活動を行う予定です。制作物は今後オープンキャンパスや学祭などでお披露目をしていきますのでお楽しみに(´ー`)

この記事はカリキュラム, 学生の活動に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

  • 福山大学関連リンク

  • メディア・映像学科

  • これまでの記事

  • Follow me on Twitter

  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    70人の購読者に加わりましょう