メディア・映像学科
福山大学トップ アクセス お問合せ

11/21 『心が叫びたがってるんだ。』+田中将賀さんティーチインの様子

ご報告が遅くなってしまいましたが、11月21日に福山駅前シネマモードにて、学科主催の『心が叫びたがってるんだ。』上映会+田中将賀さんティーチイン+学科フォーラムを開催しましたので、その様子をご紹介します。まずは、前半の上映会+田中将賀さんティーチインの様子からご紹介します。

当日、学生スタッフは12時過ぎには映画館に集合し、上映会準備を始めておりました。その時点で何人かのお客さまも来られていて、注目度の高さに緊張感が増してきながらの準備となりました。

映画会準備1

映画会準備2

映画会準備3

劇場の外までお客さんの長い列が続く中(!)、13時に開場しました。

受付

司会

13時半になり、司会の澤田くんの緊張感あふれるはじまりの挨拶とともに、『心が叫びたがってるんだ。』の上映が始まりです。
舞台裏では、ティーチインの準備がギリギリまで行われていました。ティーチイン担当の柴田くんのポケットには、『心が叫びたがってるんだ。』の小説が入っており、いつでもどこでも参照可能な状態になっていました。

そして・・・!田中将賀さんはじめアニプレックスの方々と合流しました。学生スタッフの表情にも緊張が走りましたが、田中さんの優しい笑顔に促されるように、だんだんと打ち解けていきました。30分くらいの時間を使ってティーチインの内容を田中さんにお伝えしていきます。

顔合わせ
15時半になり上映が終わって、いよいよ田中さんとのティーチインです。最初の質問は、「松永での幼少時代」についてから始まり、『心が叫びたがってるんだ。』のキャラクターデザインに関わる質問へとつながっていきました。

ティーチイン1

学生スタッフ間の事前打ち合わせの時点で一番盛り上がっていたのが、キャラクターデザインについてでした。成瀬順の髪型や田崎大樹の表情など、「どういう経緯でこのようなデザインになったのか」ということに興味津々だったようです。田中さんからは、「成瀬順がショートカットなのは、実は描きやすかったというところが大きいですが、内気な性格であることを考えて前髪を長めにするなどしています。」「田崎は実は2つの三角形でできていて・・・」といった明瞭な返答をいただきました。造形は、丸や三角や四角といった形の組み合わせなのだ、ということを改めて考えました。

ティーチイン2

「シーンによって、あるキャラクターには街灯が当たって、あるキャラクターには当たらないといった場面がありましたが」という質問には、「そこのところは、実は演出の方が考えているのですが、観る人をどのように話に引き込むかというところはよく考えます。話の伏線やキャラクターの印象をどのようにつけていくかということです。」とのお答え。当然のことながら、作中にも時間は流れていて、それらは一貫して連なっている必要がありますし、私たち観る側も、「あのシーンはこのシーンの前触れだったのではないか」といった解釈合戦を重ねながら、作品を楽しむことも多いです。細部の細部まで気を配って作られているのだなということを感じました。

ティーチイン3

最後に、「前作、本作と埼玉県の秩父が舞台となっていますが、実際の場所を舞台とする理由はなんでしょうか」という質問に対しては、「作品用に街をつくって描くのはとても大変で、例えばポストのような当たり前にあるものほど置くのを忘れてしまったりするんですね。」このお答えにも、深く納得しました。街を構成する要素は数え上げればきりがなく、かと言って完全なものを一からつくりあげるのは、至難の業であるなと思います。アニメーション作品をつくることの醍醐味を随所随所で教えていただきました。

質問

最後に、田中さんから「このたびは、お招きいただきましてありがとうございました。みなさんへのメッセージとして、何でも力を抜かずにしっかりやってほしいと思います。自分のやりたいこと以外のことだとしても、力を抜くことを覚えてしまうと、いざという時にがんばれないということがあると思います。自分自身もいろんな経験をしてきましたが、その時々のチャンスを逃さない気持ちでやってきました。今をがんばる、今の時間を大切にするということを忘れないようにしてください」とのメッセージをいただきました。自分たちの大好きなアニメーションを制作されている方からの言葉ということもあり、学生たちにもこの言葉はとても強く響いたようです。

田中将賀さん、アニプレックスのみなさま、このたびはお越しくださいまして本当にありがとうございました。このような会を開催することができて、光栄でした。次回作も期待しております!!!

::

この後は、田中さんやアニプレックスのみなさんにお付き合いいただきまして、懇親会へと続きました。学生たちが田中さんからサインをもらうべく、みんなしっかりと色紙やサウンドトラック、パンフレットを持っていたのには驚きました・・・。(笑) 田中さんには終始笑顔でご対応いただき、感謝しております。学生のみなさんはこの経験を糧にこれからもがんばってくださいね!

集合写真

この記事はイベント, カリキュラム, 卒業生, 受験生の方へ, 学生の活動, 福山の話題に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

  • 福山大学関連リンク

  • メディア・映像学科

  • これまでの記事

  • Follow me on Twitter

  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    72人の購読者に加わりましょう